離乳食 食べて良いものダメなものリスト(7、8ヶ月)

7、8ヶ月になるとごっくんすることに慣れ、

栄養の10%~30%を離乳食から摂れるようになります。

とは言ってもまだまだ残りは母乳やミルクから栄養を摂ることになるので、

母乳やミルクは欲しがるだけあげてました

 

食材もペースト状でなく、少しずつ大きくしていきます。

このころのくるくりは、食べられる食材も増えてくるので、

「これは食べれるから…次はこれにチャレンジしてみよう!」と、

食材を選ぶのが楽しくなってました^^

 

ここでは7、8ヶ月時に食べられる食材をリストにまとめました↓。

参考にしてください^^

 

 

スポンサードサーチ

離乳食 食べて良いものダメなものリスト(7、8ヶ月)


以下それぞれ種類ごとにリストにしました^^

★マークは5、6ヶ月のころと比較して、新たに食べられるようになった食材です。

 

ちなみに5、6ヶ月の離乳食の食材リストはこちら

 

7、8ヶ月の離乳食 炭水化物

米1に対し水7で炊いた7倍粥を、粒が少し残る程度にすりつぶしてあげます。
玄米×すりつぶすことが出来ないので×。
雑穀米×すりつぶすことが出来ないので×。
もち米×弾力があるので×。
もち×窒息の原因になるので×。
うどん柔らかくゆでて水にさらして塩分を抜き、細かく刻みます。
そうめん・冷麦乾めんは塩分が強いので、ゆでた後は水で洗い流して。
マカロニスパゲッティより弾力が少ないので、塩を入れずにゆで、細かく刻みます。
スパゲッティうどんやそうめんに慣れてきたら。
塩を加えず、表示時間より長くゆで、刻みます。
中華めん×食べれるほど柔らかくならないので×
ビーフン×食べれるほど柔らかくならないので×
そば×食物繊維が多いため×アレルギーの心配も。
食パン耳は除き、細かく刻んだり、ちぎって。
ロールパン中の白い部分だけなら。
バゲット×塩分が多い、消化が悪いため×。
蒸しパン×糖分を含む、弾力があるため×。
イングリッシュマフィン×弾力がある、舌とあごですりつぶすことが出来ないため×。
胚芽入りパン×消化の負担になるので×。
ナン×舌とあごですりつぶせないため×。
クロワッサン×バターが多い、舌とあごですりつぶせないため×。
コーンフレーク○★プレーンタイプならOK。
砕いてミルクやお湯でトロトロに。
オートミール水分をくわえて柔らかくします。
じゃがいも芽は大き目に抉り取って、つぶしたりきざんだり。
さつまいも甘いので、赤ちゃんには食べやすい。
里芋○★かゆみの成分が含まれているため、口や手になるべくつかないように。
山芋しっかり加熱すればOK。ただし、アレルギーの心配がある場合は×。
春雨×弾力がある、舌とあごですりつぶせないので×。

 

7、8ヶ月の離乳食 タンパク質

たら・鯛焼くと固くなりやすいので、煮る・蒸すがおすすめ。
しらす干し熱湯をかけて塩抜きして。
ひらめ・かれい低糖質で胃腸に負担をかけない。
めかじき少し固めのため、白身魚を食べるのに慣れてきたら与えます。
○★脂質が多めのため、白身魚に慣れてから与えます。
さわら×身が締まっていて、このころに合わせた柔らかさにならないため×。
銀だら×脂質が多いため×。
(たらとは違う白身魚です。)
あじ・さば×脂質が多いため×。
かつお・まぐろ加熱すると固いため、白身魚に慣れてから与えます。
ぶり脂質が多く、加熱すると固いため、白身魚に慣れてから与えます。
トラウトサーモン脂質が多いため、脂質を落とすようにゆでて与えます。
さんま・いわし×脂質が多いため×。
あさり・しじみ×固く、この時期にあった柔らかさにならないので×。
かき×この時期にあった柔らかさにならない、食中毒が怖いため×。
ほたて×加熱すると固いため×。
はまぐり×独特の苦みがあり、赤ちゃんの食材としては不向き。
いか・たこ×弾力があり、柔らかくできないため×。
いくら・たらこ×塩分やコレステロールが多い、この時期にあった柔らかさにならないため×。
えび・かに×まれにアレルギーが出る恐れがあるため×。
干しもの×塩分が多く、小骨があるため×。
みりん干し×濃い味付けのため、赤ちゃんに不向きな食材。
削り節○★薄く削ったもの、おまかく削ったものを使用する。
桜エビ×塩分が多く、この時期にあった柔らかさにならないため×。。
鮭フレーク×塩分が多く、この時期にあった柔らかさにならないため×。
鮭缶・ツナ缶鮭やマグロに慣れてから。塩分や油分が気になるため、熱湯で塩抜きしてから。
はんぺん×添加物が気になるため×。
かまぼこ・ちくわ・さつま揚げ×塩分が多いため×。
魚肉ソーセージ×添加物が気になるので×。
かにかま×塩分が多ため×。
スモークサーモン×塩分が多いため×。
鳥ささみ肉○★豆腐や白身魚に慣れてきたら与えます。
鳥もも肉・胸肉鶏ささみ肉をたべることに慣れてからあげるべき。
豚もも肉
×鶏肉をたべることに慣れてからあげるべき。
豚ロース肉×鶏肉をたべることに慣れてからあげるべき。
牛赤身肉×鶏肉をたべることに慣れてからあげるべき。
牛タン×脂質が多く、固いため×。
鳥ひき肉赤身の多い肉を選んで使用すると良い。
豚・牛ひき肉×鶏肉をたべることに慣れてからあげるべき。
レバー鶏肉をたべることに慣れてからあげるべき。
この時期はあえてあげなくてもよし。
ベーコン×塩分や脂質が多い、この時期にあった柔らかさにならないため×。
ウインナー・ハム×添加物が気になる、この時期にあった柔らかさにならないため×。
コンビーフ×添加物が多く、塩分や脂質が多いため×。
ローストビーフ×基本的に中まで火が通ってないので×。
豆腐柔らかく、消化吸収もよい。
納豆○★豆腐を食べるのに慣れてから。
粘りが気になる場合、お湯で湯がいてから与えます。
高野豆腐○★細かく刻んで。
厚揚げ・油揚げ×油であげてある、この時期にあった柔らかさにならないため×。
焼き豆腐×豆腐より固いので×。
ゆば×この時期にあった柔らかさにならないため×。
おから・がんもどき×パサついていて、食べにくいため×。
水煮大豆刻んであたえる。
きな粉○★豆腐を食べることに慣れ、豆腐にアレルギーがないことを確認してから。
グリーンピース薄皮を向いて、刻んで与えます。
(黄身・白身)○しっかり加熱して。
最初はごく少量から。
卵豆腐×アレルギーの心配、添加物が気になる。
乾燥したまますりおろすと与えやすい。
プレーンヨーグルト加熱なしでもOK。
無糖タイプを選びましょう。
プロセスチーズ・クリームチーズ・溶けるチーズ×アレルギーの心配、塩分や脂質が多いため。
スモークチーズ×アレルギーの心配、塩分や脂質が多いため。
カッテージチーズ○★高タンパク、低脂肪で食べやすい食材。
粉チーズ塩分が多いため、量を控えて使用。
カマンベールチーズ×アレルギーの心配、塩分や脂質が多いため。
コンデンスミルク×糖分が大量に含まれているため×。

 

7、8ヶ月の離乳食 ビタミン・ミネラル

にんじん柔らかくゆでて刻みます。
玉ねぎ柔らかくゆでて刻みます。
大根・かぶ柔らかくゆでて刻みます。
皮に近いほど繊維が固いので、厚めに皮をむいて。
れんこん
・ごぼう
×加熱しても固く、歯ごたえがあるため×。
ほうれん草・小松菜葉先だけを使う。ほうれん草はあくが強いのえ、ゆでた後に冷水にさらします。
白菜火を通せばすぐに柔らかくなるため、使いやすい食材。
キャベツ繊維がほとんどないため、使いやすい。葉先を使って。
レタス○★他の野菜に慣れてから。刻んでとろみをつけると食べやすい。
ブロッコリー・カリフラワー穂先部分を使用。
刻んであげます。
モロヘイヤ○★食物繊維が豊富。葉先部分を柔らかくゆでて刻んで与えます。
春菊・水菜独特の苦みや風味があるため、柔らかくゆでてみじん切りに。
チンゲン菜使う時は葉先を柔らかくしてみじん切りに。
あしたば×独特の風味・繊維が豊富なため。
長ネギ・にら・わけぎ・青ネギ与えるのは8ヶ月ごろから。
アスパラ(グリーン・ホワイト)○★繊維が多いため、穂先を柔らかくゆでてつぶします。
もやし×歯ごたえがあり、この時期にあった柔らかさにならないため×。
たけのこ×繊維が多く、この時期にあった柔らかさにならないため×。
セロリ×すじが多い、独特の風味があるため×。
貝割れ大根×苦み、独特の風味があるため×。
ベビーリーフ積極的にあげる必要はないが、ゆでて細かく刻めばあげられます。
トマト・プチトマト甘みが強いトマトが向いています。川と種を取り除いて。
かぼちゃ皮と種を取り除いて柔らかくゆでます。
パプリカ・ピーマン加熱して、皮は向いて刻みます。
きゅうり○★水分が多いので他の食材と混ぜると良し。
なす○★アクが強いので切ってから皮をむき、水にさらしてアクを抜きます。加熱して細かく刻みます。
ズッキーニ○★加熱すると柔らかくなるため、皮をむいて細かく刻んで。
冬瓜○★短時間の加熱で柔らかくなるため、使いやすい。
オクラ○★塩を振って板ずりしてから、ゆでて柔らかくして。
さやいんげん・さやえんどう・スナップえんどう○★すじを取り、柔らかくゆでて刻みます。
とうもろこしゆでて小さく切って。
ゴーヤ×独特の風味があり、加熱しても柔らかくならないので×。
生しいたけ・えのきだけ・しめじ×繊維が多く、この時期にあった柔らかさにならないため×。
まいたけ×繊維が多く、この時期にあった柔らかさにならないため×。
エリンギ×弾力があるため×。
しょうが・にんにく×辛み成分、独特の風味があるため×。
パセリ×繊維が多く、独特の風味があるため×。
ハーブ類(しそ・バジル・ミントなど)×
繊維が多く、独特の風味があるため×。
冷凍ミックスベジタブル○★しっかり加熱。グリーンピースやとうもろこしの皮をむき、刻む。
コーン缶裏ごしして与える。
食塩・砂糖が入っていない、無添加のものを。
りんご・ばなな・もも細かく刻んで与えます。
いちご・みかん細かく刻んで与えます。
メロン・すいか細かく刻んで与えます。
細かく刻んで与えます。
よく熟したものを選ぶと良し。
○★渋みがあるので、熟して柔らかくなったものを細かく刻んで与えます。
ぶどう○★皮と種を除き、細かく刻んで。
キウイ○★完熟していて、甘いものを。刻んで。
さくらんぼ○★果肉が固いので、皮をむいて細かく刻んみます。
アボカド×脂質が多く、胃腸に負担がかかるため×。
トロピカルフルーツ×繊維が多かったり、肌につくと荒れる恐れもあるため、×。
びわ・いちじく×1歳未満はNG。渋みがある、肌につくとかぶれることがあるため×。
ドライフルーツ繊維が多く、固いため、湯につけて柔らかくし、刻みます。
缶詰の果物×糖分が多いため×。
青のり○★消化が悪いため、風味づけ程度に。
焼きのりこのままだと喉に張り付いて危険。細かくちぎって、トロトロにして与えます。
味付けのり×味付けが濃く塩分が多い、のどに張り付いて危険なため×。
ごまアレルギーの心配があるため、8ヶ月以降に。
わかめ柔らかくしにくいので、8ヶ月以降に。
とろろ昆布味が濃く塩分も多いため、8ヶ月以降に。
少量を使用する。
ひじき・めかぶ×繊維が多いため×。
もずく×消化が悪いため×。
こんにゃく・しらたき×弾力があるので×。
切り干し大根×繊維が多く、この時期にあった柔らかさにならないため×。
干ししいたけ×繊維が多く香りも強いので×。
かんぴょう×繊維が多くこの時期にあった柔らかさにならないため×。
ゼラチン柔らかく仕上がるよう、量を調節して使用します。
寒天×植物性で口の中で溶けず窒息の危険があるので×。
梅干し・漬物×塩分が多くこの時期にあった柔らかさにならないため×。

 

7、8ヶ月の離乳食 市販の惣菜・コンビニ

おにぎり×固く、味付けも濃いため×。
幕の内弁当×固く、味付けも濃いため×。
惣菜パン×固く、味付けも濃いため×。
サンドウィッチパンだけなら。
小さくちぎってミルクかお湯に浸して。
グリーンサラダ×固く、味付けも濃いため×。
焼きそば×固く、味付けも濃いため×。
おでん×固く、味付けも濃いため×。
たこ焼き×固く、味付けも濃いため×。
コロッケ×固く、味付けも濃いため×。
鳥の空揚げ×固く、味付けも濃いため×。
焼き鳥×固く、味付けも濃いため×。
中華まん皮だけなら。
小さくちぎってミルクかお湯に浸して。
カップめん×固く、味付けも濃いため×。
カップスープ・カップみそ汁×固く、味付けも濃いため×。
レトルトおかゆさらにつぶして与えます。
レトルトカレー×固く、味付けも濃いため×。
レトルトスープ×固く、味付けも濃いため×。

 

7、8ヶ月の離乳食 飲み物

果汁(手作り)倍程度の量の湯冷まして薄めてなら与えても大丈夫。
BF以外のジュース×糖分や塩分添加物が多いため×。
麦茶・ほうじ茶・番茶市販のベビー用か、大人用に入れたものを湯冷ましで薄めます。
牛乳・無脂肪乳飲み物としてではなく加熱調理で取り入れます。
ウーロン茶・煎茶・緑茶×カフェインが多いため×。
豆乳飲み物としてではなく加熱調理で取り入れます。
ミネラルウォーター(軟水)1度沸騰させて与えます。
水道水1度沸騰させて与えます。
ハーブ茶×独特の香りや風味があるため×。
紅茶・コーヒー×カフェインが多いため×。
コーヒー牛乳×カフェイン、糖分、添加物が多いため×。
フォローアップミルク×対象は9ヶ月から。
飲むヨーグルト×糖分が多いため×。
ベビー用イオン水普段より汗をかいたり、発熱時に飲ませる。
大人用イオン飲料×糖分が多く、添加物が入っているため×。
ココア×カフェインが多いため×。
シェーク×糖分、脂質が多いため×。
乳酸菌飲料×乳脂肪分や糖分が多いため×。
炭酸飲料・栄養ドリンク×糖分やカフェインが多いため×。

 

7、8ヶ月の離乳食 調味料

砂糖・三温糖消化しにくく、胃腸の負担に。8ヶ月以降であれば、佐藤を使用した大人用料理からの取り分けが可能。
×この時期には使用しない。
うま味調味料×ダシや野菜の煮出しスープなどの味を大切にすべきなので×。
バター・マーガリン脂質が多く、胃腸の負担に。風味づけ程度ならOK。
しょうゆ×大豆アレルギーが心配。塩分が多いため×。
みそ×大豆アレルギーが心配。塩分が多いため×。
トマト加工品×塩分や香辛料のため×。
マヨネーズ×原料が卵のため、アレルギーが心配のため×。
カレー粉×刺激が強いため×。
オイスターソース・ソース×味が濃く、様々な
スパイスも混入しているため×。
鶏ガラスープの素×塩分や添加物が入っているため×。
コンソメ・市販のダシ×塩分が多く、化学調味料も入っているため×。
カレールウ×脂質が多く、刺激が強いので×。
×酸味が強いため×。
みりん×アルコールが入っているため×。
料理酒×アルコールは×。
離乳食では基本的に使用しない。
カロリーゼロ甘味料×甘みが強く、添加物も含まれるため×。
サラダ油8ヶ月以降なら使用できるが、揚げ物はまだNG。
ごま油8ヶ月以降、ごま油を使用した大人料理の取り分け程度なら使用できます。
オリーブ油胃腸に負担がかかるため、8ヶ月以降なら加熱して使用できる。
メープルシロップ煮物を作る際、砂糖の代わりに入れても。ただし、甘い味が癖に なってしまうため、少量に。
はちみつ×はちみつはボツリヌス菌が混入している
場合があり、1歳未満の赤ちゃんが摂取すると、ボツリヌス症を引き起こす可能性があるため×。
ドレッシング×味付け、成分全てにおいて×。
めんつゆ×塩分が多く、添加物も含まれるため×。
ポン酢×酸味が強いため×。
タレ(焼き肉用)×塩分も香辛料も多いため×。
粒マスタード・こしょう・からし・わさび・七味・山椒×刺激が強すぎるので×。

 

5、6ヶ月ごろに比べて、結構増えましたね!

 

 

離乳食 「作って冷凍」で楽チン!


7、8ヶ月の離乳食では離乳食の回数は1日2回となります。

5、6ヶ月のころと違って、食べられるものも増えてきますので、バリエーションも増えますね。

くるくりは5、6か月のころと同じ様に、1週間に1度まとめて離乳食を作って蓋つきの製氷皿で冷凍してました。

 

加熱して柔らかくなった食材を、ミキサーでみじん切りにして、冷凍、です!

そうすれば使うときに、切る必要もなくなります^^

そしてやっぱりここで活躍したのが、ミキサーやフードプロセッサ

すごくおすすめです。

全部包丁でみじん切りにする手間を考えると、すっごく時短になります。

 

しかも、1歳を過ぎた後でもなんだかんだ使ってます。

バナナジュース作ったりとか、コロッケやポテトサラダ用にジャガイモやかぼちゃを潰したりとか。

りんごのすりおろしも、ウィーン、でやってます。

くるくりの場合、離乳食以外にも使いたかったので、混ぜる・砕く・潰す・刻むが出来る物を購入しました。

なので、ハンバーグとか餃子とか、みじん切りもすっごく楽、生クリームを混ぜるのとかにも使用してます。

 

超褒めまくってますが、決してミキサーやフードプロセッサの回し者ではないので…(笑)

これは、子育てする中で、迷ったけど買ってよかった!!って思った商品の1つです^^

 

「ミキサー」で調べると出てきます^^

 

このバイタミックスはすごい!お値段的にくるくりは手が届きませんでしたが…

 

       →「ミキサー」で調べるとお手頃なのも出てきます^^

 

スポンサードサーチ

離乳食 時短テク 炊飯器で離乳食


食べて良いものダメなものリスト(5、6ヶ月)の最後でも紹介しましたが、

炊飯器で作る離乳食、すごく時短になります

離乳食 食べて良いものダメなものリスト(5、6ヶ月)

 

 

大人のご飯と一緒にアルミホイルに包んだ野菜を入れて炊くだけで、簡単に柔らかい離乳食用の蒸し野菜が作れたり…

湯呑に米と水を1:7で入れて一緒に炊くと、7倍粥が簡単に作れたり…

あと、水と野菜を投入して炊飯すれば、野菜だし濃厚な野菜スープが簡単にできます^^

ぜひおすすめです☆

 

やっぱり、子供の成長は早いですね。

作ってた時はちょっと面倒くさいなって思ったときもあったけど、

このころの離乳食なんて、ほんの一瞬でした。

今思えばもっとこだわってあげたかったなー、なんて。

皆さんは後悔のないように!楽しみながら離乳食作ってあげて下さいね^^

 

 

The following two tabs change content below.
くるくり
現在1歳の娘を持つ、新米ママのくるくりです。 おしゃれもしたいし、子育てや家事もうまくやりたい。 面倒くさがりなんだけど、なんでもこなす素敵ママに見えるように…! 家事、育児はしっかりやるけど ママでもきれいでいたい!輝いていたい! ここではそんな新米ママ、くるくりの日々を綴っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。