赤ちゃんのけいれん 熱性けいれんになった場合の原因と対応

つい先日、くるくりの娘が40度の熱をだしました。

その際、「熱性けいれん」になりました

 

突如そのようなことになると本当に焦ります。

 

現在では、10人に1人の割合でなる、と言われています。

それほど身近なものですが、意外に詳細を知らなかったりしますよね。

くるくりの場合は、妹が小さいころになったそうで、その話を両親から聞いていたので、

身近に感じていたし、聞きなれていたので、大きく取り乱すことなく

冷静に対処できました。

 

知らないよりは少しでも知っているだけで対処に大きな差がうまれます

くるくりの娘が実際に「熱性けいれん」になった際の

原因や対処など、実際の体験をもとにご紹介します。

 

関係ない、とは言い切れません

ここで少しでも知識をつけてもらえれば、幸いです^^

 

 

スポンサードサーチ

熱性けいれんとは


生後半年~5、6歳までの乳幼児に発症する、けいれんの一つ。

38度以上の発熱により、急激に体温が変化することで起こる、意識障害

成長発達に問題のない乳幼児でも10人に1人の割合で発症する、

ありふれた病気です。

 

成長に伴い、6歳前後でほとんど起こさなくなります

 

1回のみ経験する場合もあれば、発熱のたびにけいれんが起きる場合もあります。

 

 

熱性けいれん 原因は?


実は原因は完全には解明されていないようです。

 

ただ、発熱に関連して、神経ネットワークの制御がうまく取れなくなることにより痙攣が起きると推測されています。

 

また、親に熱性けいれんの経験があると、子供にも可能性が高まると言われているようです。

ちなみにくるくりの場合も、くるくりの妹が熱性けいれんの経験があります。

くるくりにはありません。

 

 ちなみに、熱性けいれんになりやすい病気として、「インフルエンザ」「エンテロウイルス(ヘルパンギーナなど)」「突発性発疹」があります。

 くるくりの娘が熱性けいれんを起こした際は上記のどれでもありませんでした^^;

 

ちなみに突発性発疹はすでに経験済みです。

突発性発疹 不機嫌になる?顔や体に発疹?実際の体験をもとに症状をまとめました

 

突発性発疹もほとんどの赤ちゃんが経験する病気です。

 

 

スポンサードサーチ

熱性けいれん 症状


熱性けいれんは38度以上の高熱が出た場合に起きる事が多いです。

くるくりの娘がなった時は40.6度ありました…。

 

熱性けいれんの主な症状

意識障害(意識消失)

顔色や唇の色が悪い(唇は紫っぽくなります)

手足がけいれんする(びくっびくっとします)

など。2~3分ほどでおさまります

 

 

熱性けいれんはまた起きる? 脳に後遺症は?


熱性けいれんを発症した赤ちゃんの70%は一生に一度しか発作を起こしません

2回目の発作を起こす確率は21%

3回目以降の発作を起こす確率は9%

となっているようです。

 

また、熱性けいれんは基本的に、

脳に対してダメージが残ることは決してありません

(→どこを調べても、お医者サマに聞いても、みんな口をそろえて言ってました。)

 

このように熱性けいれんはほとんどが安心なけいれんですが、

このような単純なけいれんでなかった場合、注意が必要です。

 →けいれんの見分け方については、

  段落「安心な熱性けいれん 危険な熱性けいれん 違いは?」を参照してください。

 

 

スポンサードサーチ

熱性けいれん なった場合の対処法


まず単純な熱性けいれんだったのか、判断できなければその後の治療を決定できません。

もしお医者サマに説明する機会があったとしても、詳細に話せるよう、しっかりと観察します。

左右対称にけいれんしているか

38度以上の発熱から24時間以内

けいれんが始まった時刻・終わった時刻

けいれんは5分以内におさまったか

けいれんが起こったときの体温(けいれんがおちついたら計っておいたほうが良いです。)

など。観察しておきます。

 

あと、嘔吐する場合もあるため、衣服を緩めて体ごと横向きにし、嘔吐物がのどに詰まるのを防いだ方がいいです。

 

もし、

左右非対称のけいれん

5分以内におさまらない

おさまっても様子がおかしい

発作を繰り返している

など、一番最初にあげた単純な熱性けいれんの症状とは違ったけいれんがみられる場合は、救急車を呼び緊急に受診しましょう。

 

 

安心な熱性けいれん 危険な熱性けいれん 違いは?


安心な熱性けいれん

大抵の場合発熱時に起きたけいれんは、安心なけいれんです。

  ・左右の手足の動きに違いがない全身のけいれん

  ・短時間で自然によくなる(約5分ほど)

  ・一日のうちに何度も発作を起こすことはない

 →これらの症状であれば、典型的な熱性けいれんであり、緊急で検査や治療をする必要はないと言われています。

 

危険な熱性けいれん

逆に危険なけいれんとは、

  ・けいれん中やけいれん後に手足の動きが左右で違う

  ・症状が長時間続く

  ・けいれんを一日に何度も繰り返す

 →これらの症状がみられる場合、他に重症な病気が隠れていないか、検査が必要です。

「脳炎」や「脳症」「髄膜炎」など、命に係わる病気の場合に、発熱時にこのようなけいれんの症状がでる場合があります。

また、熱が上がると発作が誘発される(発作を繰り返してしまう)「てんかん」という病気もあります。

 

発熱時にけいれんを起こしたほとんどの場合は、上の「安心なけいれん」ですが、「危険なけいれん」である可能性もゼロではありません。

けいれん時には、しっかりと上記の内容を確認するようにした方がよいです。

 

 

スポンサードサーチ

熱性けいれんが起きた後 支障は?


一般的な熱性けいれんの場合、支障は特にありません

 

ただ、予防接種に関しては、熱性けいれんを起こした後2~3ヶ月は

受けられないとお医者サマに言われました。

 

そのほか、けいれん発症後熱が下がらない場合は、またけいれんを繰り返す恐れがあるので、注意が必要です。

赤ちゃんをしっかりと注意してみておくことが必要です。

場合によっては、入院しけいれんが起きないよう、点滴などで管理する場合もあるようです。

 

また、けいれんが起きた原因である発熱がおさまったにしても、それから2週間以内に発熱がある場合も十分に気を付ける必要があるようです。

赤ちゃんをいつもより注意深く見守る、または病院に行き、指示を仰いだほうが良いです。

 

 

熱性けいれんは怖い病気?


熱性けいれんは決して珍しいことではなく、一般的には怖い病気ではありません

ただ、「安心な熱性けいれん 危険な熱性けいれん 違いは?」で記載したように、けいれんを起こした場合は、注意深く観察することが重要です。

 

10人に1人の割合でなるといわれているため、決して他人事ではありません

いつなっても慌てないよう、事前知識を付けておくことを強くおすすめします!

頭の片隅にでも置いておくだけで十分に違います!

 

それでも初めてけいれんを経験すると、どうしても焦ってしまい、パニックになってしまうかもしれません。

特に初めてのけいれんの場合は、電話していいものかどうなのか迷う前にお医者サマに電話してしまいましょう

 

慌てる必要のない、一般的な熱性けいれんだったとしても、

話すことで落ち着きます

頭も整理され、適切な判断、対処が出来るようになります

 

 

特にインフルエンザが流行っている時期や、周りで感染症が流行している際は、注意して下さいね^^

 

高熱が出た際の解熱方法、家にあったら便利な道具など、まとめました。

赤ちゃんが40度の熱 病院に行くタイミングは?熱を下げる為にやるべきこと

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
くるくり
現在1歳の娘を持つ、新米ママのくるくりです。 おしゃれもしたいし、子育てや家事もうまくやりたい。 面倒くさがりなんだけど、なんでもこなす素敵ママに見えるように…! 家事、育児はしっかりやるけど ママでもきれいでいたい!輝いていたい! ここではそんな新米ママ、くるくりの日々を綴っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。