ヒップシートとは 実際に使ってみた口コミ 抱っこひもを嫌がって泣く赤ちゃんにおすすめ

抱っこひもを嫌がる赤ちゃん、どこに出かけるにも抱っこひもは必須なのに、困りますよね。

ちなみに抱っこひもを嫌がる理由としては、きつかったり、暑かったり、体勢が気に入らなかったり……色々考えられます。

しかも抱っこひもを嫌がる赤ちゃんの場合、ベビーカーも嫌がったりしませんか?

娘も抱っこひもを嫌がる赤ちゃんで、ベビーカーも機嫌が良い時しか乗ってくれません。(しかも超短時間。)多分、縛り付けられる感じが嫌なのかなーと。

もう、どうしようもないですね(笑)こうなると、お出かけもとっても大変です^^;

 

そんな時に出会ったのがヒップシート

児童館に来ているママがつけてるのを見て、始めて知りました。

すぐ購入して、今現在は抱っこひももベビーカーもほとんど使わず、外出時はヒップシートのみです。

 

抱っこひもを嫌がる赤ちゃん用に、または抱っこひもの買い替えを悩んでいる方にも2つ目の赤ちゃん抱っこグッズとして、今回はおすすめのヒップシートについて紹介します。

また、くるくりが実際使ってみての使用感など、口コミも記載していきます。おすすめのヒップシートもご紹介できればと思います^^

 

 

スポンサードサーチ

ヒップシートとは


ウエストポーチ型でママやパパの腰に巻いて使うもの。ウエストポーチの上の部分が台座となっていて、赤ちゃんが座れるようになっている、赤ちゃん抱っこグッズです。

言葉で説明するよりも実際画像を見てもらった方が分かりやすいと思うので……

こんな感じのものがヒップシートです。

ヒップシートとは 抱っこひも泣く赤ちゃんに

ヒップシートは色々なブランドで商品化されていますが、その中でもほとんどが色々な使い方が出来るよう、付属品が別で売られていることが多いです。

付属品とは?詳しくは↓で。

 

抱っこひもにもなる ヒップシートの付属品

ヒップシート単体とは別に付属品を購入すれば、通常の抱っこひもと同じように使うことが出来ます。(最初からヒップシートと付属品がセットになっている商品もあります)

画像で説明すると……↓

 

ヒップシート単体で使用

赤ちゃんが落ちないように手で支えながら、台座の上に座らせます。

ヒップシート おすすめ

 

付属品を使用し、抱っこひもとして使用

ヒップシートに付属品を装着して……抱っこひもに早変わりです^^

ヒップシート 抱っこひもにもなる

 

ちなみにくるくりは付属品は購入していません。ヒップシート単体で、どこにでも外出してしまいます。(画像の商品はくるくりが購入した商品ではありません。実際に購入したヒップシートは後程紹介してます。)

 

単体のみでは心配な方は付属品の購入をおすすめしますが、抱っこひもがすでに1つあるのであれば、まずはヒップシート単体で購入し、使ってみてから付属品は考えてみるといいと思います。

 

ヒップシートはいつから使える?

腰が据わってから使用できるものが多いです。ただ、新生児から使用できるように設計されているヒップシートもあります。

新生児から使用できるタイプのものは、抱っこひもタイプのもので、紐が外せますよーって感じのものになると思います。

くるくりは生後11ヶ月の時ヒップシート単体のみ購入しました。今も愛用中です。

 

腰痛になることはない?

口コミを見ていると、「ヒップシートは腰が痛くなる」という記述を発見しました。

実際に使用してみたくるくりとしては、ぴったりとウエスト部分に巻きつけて使用すれば、腰痛になることはないと思います。

くるくりは娘が生後11ヶ月の時から今まで半年ほど、毎日使ってますが、痛くなったことは全くありません。

逆に抱っこひもを使用していた時は、特に肩が痛くて……。ヒップシートであれば、肩の心配は全くする必要なく、腰も特に痛くなったことはありません。

 

 

ヒップシートを実際に使ってみた口コミ メリットしか思い浮かばない


ほんとに楽です!購入して良かった!

ウソではなく、ほんとにメリットしかない(笑)色々ベビーグッズ買ったけど、一番買ってよかった!って思えた商品かもしれません。

ヒップシートを買ってしまえば、ベビーカーも抱っこひももいらないし、外出時に荷物がとっても減ります。

抱っこひもの場合は使ってない時に荷物になるのもいやですよね。夏は暑いし……。

ベビーカーも電車乗るときなんかはエレベーター探さなきゃいけないし……。準備も結構大変です。

その点、ヒップシートは抱っこしてなくとも、腰につけたままでいられるので、ほんとに荷物が減ります。出かけるときも腰に巻いて終わり。装着にも時間かからないし、ベビーカーのように準備も必要なし

しかもポシェットとしてももちろん使えるので、よく出し入れするお財布や鍵、定期や携帯などを入れておく事も出来て、ほんとに便利です。

特に赤ちゃんが歩くようになった時には、抱っこしたり降ろしたりするのがとっても楽になります。(ほんと歩くようになると降ろせーって言ったり抱っこしろーって言ったり、頻繁に抱っこしたり降ろしたりするようになるので。)

 

ちなみにくるくりが購入したヒップシートはこちらです。(ポルバンっていうやつ)

【メーカー保証1年間】【特典付き】【正規取扱店】【本体】POLBAN ポルバン 抱っこひも(本体)/ウエストポーチタイプ/ヒップシート/腰ベルト抱っこひも/子守帯/抱っこ紐/対面抱っこ/前向き抱っこ/腰抱っこ/たて抱っこ/ベビー/あす楽

価格:7,020円
(2019/6/13 05:59時点)
感想(433件)

お値段も他のヒップシートに比べたらお手頃。

 

あえてデメリットを上げるとしたら

まったく手放し!とは出来ないことですかね。紐が付いていないので、手で支える必要があります。(片手で十分ですが。)

ただ、台座部分がななめになっているので、支える手も軽く添えるくらいで、赤ちゃんは十分安定して座っていられます。

 

 

スポンサードサーチ

ヒップシートを選ぶ際の注意点 ここに注目して選ぶと正解


ヒップシートは色々なメーカーのものがあります。くるくりが実際に使ってみて感じたことから、ヒップシートを選ぶ際に注意した方が良い点を記載します。

 

台座(赤ちゃんが座る部分)の面積を確認

中には小さ目の台座のヒップシートもあります。大きすぎるのもどうかと思いますが、小さいものだと赤ちゃんも座りにくいです。特に寝た時には小さ目の台座だとすべり落ちやすいので、面積は確認して購入した方がいいです。

おすすめは半径12~18センチくらい。実際使用している口コミとして、このくらいがちょうどいいです。

 

台座の傾斜を確認

台座は赤ちゃんが滑り落ちないように、傾斜がかかっているものが多いです。でも中にはあまり傾斜がかかっていないものも……。

出来れば傾斜がかかっていた方が、赤ちゃんを片手で支える際も、手に力を入れずに済みます。

また、台座にすべり止めがついている商品の方がおすすめです。

 

軽めで腰回りのサポートがしっかりしているか

出来れば軽めのほうが良いです。商品の重量が記載されてますので、参考にした方が良いです。

あと、腰回りにサポートがしっかりされているか、(ファスナーとバックルの二重でしっかり留められるようになっている、腰に巻くベルトが太くてしっかりしているなど)確認することをおすすめします。

 

抱っこひも型用の付属品を買うなら、取り付け方を確認

くるくりの場合はヒップシート単体だったのでそこまで気にしませんでしたが、抱っこひもでの使用も検討しているのであれば、ヒップシートへの取り付け、取り外しが簡単にできるものかどうか、確認すべきです。

中には結構面倒くさいものもあります、特に頻繁に付属品を取ったりつけたりする予定の方は、カチャっと簡単に取り付け、取り外しが出来るタイプのものを選びましょう。

 

おんぶが出来るタイプのものか

もし抱っこひもタイプで使う予定があり、さらにおんぶで使う予定もある方は、おんぶにもしっかりと対応している商品を選んだ方が良いです。

 

ポルバンは優秀 実際の口コミ

使っているヒップシート(ポルバン)は、実際使用しているくるくりの口コミとしては、おんぶ以外はパーフェクトです。

おんぶはできませんが、それ以外、台座の大きさも丁度いいし、傾斜もすべり止めもばっちり。重量も軽く、腰回りもぴったりとくっつくような仕組みになっています。クッションも入っているので、お腹にあたっても痛くないです。

価格も他のヒップシートに比べてお安いので、ポルバン、おすすめです^^

ちなみにくるくりが使っているのは旧型ですが、新型がつい最近発売されました。

旧型でも全然問題ありませんが、色々と改良されているみたいです☆(さらに傾斜度UP、クッション性UP、すべり止めUPなど)

 

ポルバン旧型(くるくりが使っているやつ)

【メーカー保証1年間】【特典付き】【正規取扱店】【本体】POLBAN ポルバン 抱っこひも(本体)/ウエストポーチタイプ/ヒップシート/腰ベルト抱っこひも/子守帯/抱っこ紐/対面抱っこ/前向き抱っこ/腰抱っこ/たて抱っこ/ベビー/あす楽

価格:7,020円
(2019/6/13 13:52時点)
感想(433件)

ポルバン新型(ショルダーとセットになっているもののみ)

【ポルバンの新型です!】【本体 ダブルショルダーセット】POLBAN HIPSEAT(ポルバンヒップシート) 抱っこひも 抱っこ紐 ヒップシート ウエストポーチタイプ P7293 5P01Oct16

価格:14,040円
(2019/6/13 13:53時点)
感想(272件)

 

まとめ


最近メジャーになってきたヒップシート。今では色々なメーカーで商品化されています。実はお値段もピンキリです。

くるくりが購入したものは安めのものですが、今のところ全く問題ありません。
何回か家で洗濯もしてますが、よれよれになったり色落ちしたり……も全くありません。

ちなみに購入したもの以外でも友人から貸してもらったり、レンタルしたりで試してみた商品もあります。どれも使い心地は良かったですが、それぞれの使用感に関する口コミについては、後日まとめられたらと思います^^

 

抱っこひもやベビーカーを泣いて嫌がる赤ちゃんの抱っこ用のグッズとして、または2つ目の抱っこひもとして、ヒップシートはとってもおすすめです。

 

つらつらと書いてしまいましたが……
最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

 

ポチっとしてくれたらうれしいです^^

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

 

 

出産後ベビー用品を買ってみて、逆にいらなかったものも……まとめてます。よかったら合わせて読んでみて下さい。

ベビー用品 買わなくてよかったor買ったけどムダだった商品リスト

 

こちらでは価格と機能の面からおすすめのヒップシートを紹介してます。

ヒップシート 安い、機能的に優れている商品5選! 徹底的に比較!

 

The following two tabs change content below.
くるくり
現在1歳の娘を持つ、新米ママのくるくりです。 おしゃれもしたいし、子育てや家事もうまくやりたい。 面倒くさがりなんだけど、なんでもこなす素敵ママに見えるように…! 家事、育児はしっかりやるけど ママでもきれいでいたい!輝いていたい! ここではそんな新米ママ、くるくりの日々を綴っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。