1歳児 赤ちゃんの積み木を使った知育 積み木の効果的な遊び方

積み木は0歳~5歳、6歳までと、長く使える代表的な知育おもちゃです。詳しくは後で記載しますが、積み木で遊ぶことによって、脳の様々な部分を伸ばすことが出来ると言われています。

積み木の知育 効果的な遊び方

 

1歳半健診時にほとんどの自治体でチェック項目となっている、積み木。(くるくりの娘ももうじき1歳半。そんな中、積み木で遊ぶことが以前より多くなりました。)

健診時、積み木を使ってチェックする内容としては、

・「両手にもって、カチカチとぶつけて音を鳴らせるか」

・「3つ以上積むことが出来るか」

などが多いようです。

 

そのことからも積み木は早くから触れておくことに越したことはありません。0歳代だと、まだ積み木を与えてもなめたり見つめたり崩したり、箱から引っ張り出して散らかしたり……くらいしかできないと思いますが。

大体ちゃんと積み木を使って遊びだすのは、1歳ごろから。

では、1歳の赤ちゃんには積み木を使ってどのような遊びを提供してあげるべきか。

 

1歳ごろからしっかりと自分の意志も主張できるようになり、歩けるようになり、言葉も発するようになり……以前よりさらに様々なものに興味を持ち始めます。

この頃から、しっかりと知育始めてあげたいですよね!知育のおもちゃとして色々な効果のある積み木、効果的に遊ぶ方法について、今回は比較的真面目に書きます^^;

娘の1歳半健診を目前に、積み木の遊び方(知育性)に関して、相当に調べて勉強し、実践してきました。

 

知育の面でも大活躍するといわれる積み木の効果的な遊び方をまとめます。

 

 

スポンサードサーチ

赤ちゃんのための知育遊びとは


知能を発達させるような、赤ちゃん自身が考える遊びのことですね。

今回は積み木に焦点を当ててますが、その他にも

  • 知育おもちゃ
  • お絵かき
  • 絵本
  • お歌遊び
  • ごっこ遊び
  • ことば、数

など。

年齢や月齢によっても少しずつ変化してきますが、赤ちゃんにとって知育の遊びはたーくさんあります。

 

このたーくさんある中でも特に赤ちゃんの知育おもちゃとして、長く活躍してくれて、脳の様々な部分を伸ばすことができるおもちゃの代表格として昔から重宝されているおもちゃが積み木です。

 

 

積み木はいつから必要か


積み木は、年齢や月齢によって、遊び方を色々変えられる、優秀な知育おもちゃです。なので、0歳から!与えて良いおもちゃですね^^

 

ちなみに娘には、0歳のクリスマスプレゼントとして、積み木をプレゼントしました。(11ヶ月の時。)

その時はなめたり、くるくりが積んだものをひたすら崩したり……箱から取り出したり……くらいしか出来ませんでした^^でも、その頃から慣れ浸しんでいた積み木だったためか、比較的早めに積み木を積む事を覚えました。

1歳1ヶ月終盤にできるようになりました。チャレンジしたら1回で成功!

 

 

スポンサードサーチ

積み木 どのような部分の知育に効果があるか


積み木の知育 効果

積み木は一見、積んで崩して……だけのおもちゃのように見えます。でも、その積んで崩して……の動作をするだけでも、赤ちゃんの脳では色々な部分を駆使して遊んでいるんです。

 

積み木は視覚や聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感すべてを刺激してくれる優秀なおもちゃです。

触った時の木のぬくもり、におい、なめた時の木の味や積み木を打ち付けたり崩した時の音等、色々なところから人間の基礎となる五感、感覚的な部分を学べます

有名な幼児教育の教室でも、たくさんのところで、積み木による教育が行われています。

 

また、五感を発達させる以外に、脳にはどのような効果があるか。主に以下のような力を発達させる知育力があります

 

集中力

積み木を積み上げるには集中力が必要。

 

想像力

積み上げたりつなげる事でどんな形になるか。またこんな形にするにはどのように積み上げたらいいか、想像する力が必要とされます。

 

創造力

積み木をどのように組み合わせて何を生み出すか、創造力が培われる。

 

思考力

トライ&エラーを繰り返すことで、考えて学ぶ事を知る。

 

表現力

積み木で何かを表現したり…何かを作ったり。

 

バランス感覚

積み上げる際にはバランス感覚が必要。物事の理を覚える。(三角形や丸の積み方など。)

 

空間認識能力

立体間隔が養われます。形や方向、位置や大きさ等が様々な積み木という立体を組み合わせて遊ぶことで空間を把握する能力が育ちます。

 

達成感

トライ&エラーを繰り返して、達成することの喜びを知る。

 

知的好奇心

出来てうれしいという達成感から、もっと様々な事に興味を持つ心を育てる。

 

協同性

積み木を使ってみんなで遊ぶ、という感覚が身に付きます。

 

挙げたらキリがありません。それほどに様々な事を学べるのが、積み木です。

 

 

赤ちゃんは積み木をなめる?


赤ちゃん積み木なめる

確かに娘も0歳の時はよくなめてました~(笑)

でも、1歳4ヶ月になった今では、一切なめません。そういう遊び方をするおもちゃじゃないってことに気づいたんでしょうね。

 

今では積み上げたり、崩したり、打ち鳴らしたり、箱に入れたり。やはり1歳なりの遊び方を覚えてくれています。まだ、何かに見立てて形を作ったり…とかはできませんね。それは2歳以降かなー。

 

 

スポンサードサーチ

積み木をすぐに崩すのはなぜか


これは1歳4ヶ月の今でもやります。くるくりが積み木を積み上げるとすぐに(笑)

赤ちゃん積み木崩す

でもなぜか娘が自分で積み上げたものは崩しませんね。「できたー!」って自分で拍手してます(笑)

 

最初は崩すことから始めるのが良いそうです。親が積んでみて、それを崩させる…の繰り返しでだんだん積み木がどういうものか、を認識していくそうですよ。

最初はひたすら崩させるのが良いみたい。児童館でも1歳前後までの赤ちゃんは、積み上げたものを崩しているのをよく目にしました。

くるくりも最初はよくやってました。0歳~1歳前後の時は特に。

 

 

積み木を積むのはいつから?


娘の場合は、1歳2ヶ月になる少し前からできるようになりました。

赤ちゃん積み木積む いつから

それまでは崩させたり音を鳴らしたり…って感じで遊ばせてましたが、1歳半の健診の項目で積み木を積み上げるチェックがあると知り、「えー!普通の1歳半の赤ちゃんはそんなことが出来るものなの!?」って驚きました(笑)

それから、積み木を積み上げる練習をしようとしたんですが、なんとくるくりが手本を見せて「はい、やってみて^^」って言ってみた結果、1回目で出来てしまいました。

 

でくるくりがひたすら積み上げてたものを崩してきたから分かってたんでしょうね。

このことからも、自分で積めなくてもひたすら崩させるのは大切だと思いました。

 

 

スポンサードサーチ

1歳児 知育のための積み木の効果的な遊び方


最初は崩したりなめたり音を鳴らしたり…箱から引っ張り出したり、それくらいしかできませんが、だんだんと「積み上げる」ことが出来てきます。

最初は2つ、3つ。どんどんと積み上げられる数も増えていきます。娘も今では6つくらいまでは積めるようになりました。

知育のための積み木の効果的な遊び方

 

積み上げることが出来るまではひたすら親が積み上げたものを「崩す」作業が必要です。それを経て、「積み上げる」ことが出来るようになります。

積み上げられる数もどんどん増やしていった方が良いです。

娘は積み上げるとくるくりが褒めるので、とっても嬉しそうに詰めるまで頑張って積んでくれます。

 

積み上げることを覚えると同時に、片付けも出来るようになってきました。積み木で遊んだ後には「ないないして~」というと、積み木を箱に戻してくれます。

 

パーツが全部で10コくらいの大き目の積み木を購入したので、もう少したったら小さ目の数の多い積み木を購入しようと思っています。

それでどれだけ積めるようになるか……一緒に車や電車、ままごとなどの見立て遊びもできるようになってくると思います。もっと大きくなると家やお城を積み木で作れるようになったらすごいですね^^

 

 

0歳1歳2歳児におすすめの積み木


上でも記載したとおり、このくらい小さい時にはやはり大き目でパーツの少な目なもの、でいいと思います。

このころは見立て遊びや積み木で何かを作ったり……は、まだできません。なので、積み上げやすいもの興味を引くものという観点で選ぶべきです。

例えば色がついている、とか音が鳴る、とか。後はなめるので、口に入れても安全な積み木、とか。

赤ちゃんおすすめ積み木

 

くるくりは、カラフルで音が鳴る、大き目の積み木を購入しました。

お値段も全然お安いものです。今はそれで全然良かったと思っています。

(ちなみに、カラフルで音の鳴る積み木は、新生児の赤ちゃんにもおすすめ。素材も木で安全だし、外出時に持ち歩くのにも丁度いい。)

 

ただ、これから見立て遊び等をしていく際には、また別のものを購入する予定です。

 

確かに積み木は長く遊べるおもちゃですが、0歳、1歳、2歳と3歳以降では、遊び方や知育の面でも全然違うものになってくるので、購入すべき積み木は違ってくると思います。

 

その両方を兼ね備えているものを購入してもいいですが……そういうのは結構お高いので^^;

それなら、それぞれに購入してもいいのかな、とくるくり的には思います。

 

 

まとめ


一見積み木は、「積んで崩して終わり」のあまりつまらなそうな感じがしますが、その積んで崩す、片付ける、だけでも赤ちゃんの脳の中では、相当な部分の発達につながります

3歳以降も、見立て遊びや大きなものを創ったり、積み木には脳の発達に良い遊び方がたくさんあります。

 

たくさん調べていると、積み木がとても優秀な知育おもちゃだということが分かりますね^^

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

 

ポチっとしてくれたらうれしいです^^

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

 

 

ことばの知育の対策に関してはこちらに書いてます。↓

良かったら合わせて読んでみて下さい☆

ことばが遅い娘 1歳4ヶ月全くことばが出ない 発語を促す訓練

 

 

The following two tabs change content below.
くるくり
現在1歳の娘を持つ、新米ママのくるくりです。 おしゃれもしたいし、子育てや家事もうまくやりたい。 面倒くさがりなんだけど、なんでもこなす素敵ママに見えるように…! 家事、育児はしっかりやるけど ママでもきれいでいたい!輝いていたい! ここではそんな新米ママ、くるくりの日々を綴っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。