赤ちゃんの言葉が遅い 女の子でも遅い場合は?対策の結果報告

赤ちゃんの言葉が遅い場合の対策に関して、娘に実際行ってきたことの効果とその結果についてです。

まず結果から言うと、言葉、出てきました!!!

1歳5ヶ月にしてやっと。そして、一つ出たと思ったら、どんどん増えました。

 

どんな事をやって言葉の訓練をしたかについてはこれを読んでもらうのが一番と思います。

ことばが遅い娘 1歳4ヶ月全くことばが出ない 発語を促す訓練

 

1歳過ぎるとことばに関して色々気になりますよね。周りの子は「ママ」とか「ブーブ」って言ってるけどうちの子は一切言葉ないけど大丈夫?とか。

これから言葉は出てくるようになるのかな?そのためにした方が良いこととかは?とか。

色々調べると「発達障害」の単語も出てきたりして、ほんとに心配になりますよね。

言葉が遅い 対策

娘に関しても、1歳4ヶ月のころは1つも言葉が出てなくて、ほんとに悩みました。女の子だと比較的言葉が早いって聞くけど、本当にそうなの?って疑いたくなるくらい、一切発語がなくて。

今現在、1歳5ヶ月になり、まだまだ発語への対策、継続してます。

 

まだまだ怪しく、言葉と言っていいものか……?悩むようなもの、親しか聞き取れないものもありますが、1歳4ヶ月のころから比べたらかなり増えました。

 

今回は、実際に言葉が遅い娘に対して発語の効果があったと思うもの、娘の場合の経過報告を書きながらまとめます。

同じ悩みを抱えているママに少しでも参考になればうれしいです。

 

 

1歳5ヶ月の娘 言えるようになった言葉


娘の場合、1歳5ヶ月になる数日前から、いきなり単語が出てきました。(ほんといきなりでした。)

一番最初に聞いた言葉は「まんま」です。

 

その後続々と増え、今では

  • まんま
  • ばあ(いないいないばあ)
  • ママ
  • パパ(言ってるのか微妙だけど)
  • ハイ(返事)
  • ポイ(捨てる時)
  • ばいばい(バイとかババーになってるけど)
  • アンパンマン(マンマンマンって言ってるけど)
  • ワンワン(言ったり言わなかったり……)
  • ぱあーっ(出発って言ってるっぽい)

ここまで増えました。

 

 

発語までの経過


娘の場合の経過や、発語に至るまでに気づいたことをざっとまとめます。

いや、経過なんてどうでもいい、発語の効果があった対策について知りたい!という方はココは飛ばしてください。

 

言葉を発する予兆があった?

発語遅い 対策

言葉の対策を取る前から喃語は結構出てましたが、対策を行なってからは更に喃語(というかもはや宇宙語)が恐ろしいほど出てきました。

1歳4ヶ月の後半くらいから特に、ペラペラと独り言を(宇宙語だけど)話したり、くるくり達や児童館の先生に話かけたり、たくさんするようになりました。

今思ってみれば、言葉を発する予兆だったのかもしれません。これも言葉の対策をするようになってからなので、やはり効果があったのかな、とくるくりは思ってます。

 

ことばはいきなり増える!?

ほんといきなり増えます。娘も急に増えました。1歳5ヶ月になる数日前にいきなり。

「まんま」が言えた!って思ったら、その後数日の間に「ママ」や「バイバイ」がどんどん出てきて、「アンパンマン」も言ってるような……って感じになりました。

ちなみにバイキンマンはまだ「バッ」で終わってます^^;

色々調べたり聞いたりしてると、一つ言葉が出ると、その後は次々に出てくる!って聞いてましたが、ほんとその通りでした。

今後もどんどん増えるのかな、と。まだ言えてないけど言いたいニュアンスは伝わってくる……みたいな単語が結構あります。

 

「バイバイ」に関しては、最初「バッ」だけでしたが、最近は「バイ」とか「ババー」になってます。あーこんな感じでどんどん言葉を覚えていくんだなーって、日々楽しみながら観察してます。

 

なので経験から言うと、一つ言えてしまえば、どんどん出てくる

やはり一つ目が言えるようになることが肝心。

 

その子によって言いやすい単語がある

気付いたこと。それは「その子によって言いやすい単語がある」ってことです。

要はそこを伸ばしてあげるように単語を教えてあげれば、言葉が出てきやすくなります^^

 

例えば娘の場合は、「あ」の口になる言葉が言いやすいみたい。言える言葉を見てもらえば分かりますが、ほとんど最初の文字が「あ」の口になるものばかりです。

そう、思ってみれば言葉を発する前から、喃語(宇宙語)をペラペラしゃべっていたけど、その頃から「あ」の口で発する喃語が多かったです。

 

よって、もし「お」の口で喃語を多く発する子であれば、「もぐもぐ」とか「おいしー」とか「おはよー」なんかが言いやすいのかもしれません。

 

 

発語に対して効果があったと思う対策


言葉の対策で、特に効果があったなーって感じてる事。

最初にまとめてしまうと、言葉を教えることも大切だけど、それよりも「コミュニケーションを取ってる感じが大切な気がします。

 

もちろん単語のインプットをするように単語を繰り返し言う、ってこともしたけど、それよりも喃語をたくさん話す娘の話を「うん、うん、そうかー」「そうだねー」とか。聞いてあげてこちらも反応してあげる

そうすることで、話す意欲が以前よりも高まって、言葉が出てくることにも繋がったと感じてます

話しかけることと聞いてあげること、反応してあげることも大切。

 

そして、そのコミュニケーションを取るのにいいなって思ったのが、「動物」です。

また、コミュニケーションだけでなく言葉のインプットに関して効果的なのはやはり「絵本」だと思います。それぞれ詳細は下にまとめます。

 

動物を見せる事 触れ合うこと

1歳4ヶ月にして始めて動物園に行きました。それまでは生き物と言えば水族館でしたが、ついに動物園デビュー、生き物に対してすごく興味があることを発見しました。

1歳児ではまだ早い……?って思う方もいるかもしれませんが、全然そんなことないです。いやむしろ、1歳児のお出かけスポットとして動物園はすごくおすすめ

興味津々に動物に近づいてみたり、声を出してみたり。ちなみに動物と触れ合える動物園は更におすすめ。娘もウサギやモルモット、ひよこを触ってました。良い子良い子してあげてーって言うと、なでなでしてました^^

 

まだ動物名は言えないけど、指さして「あっ!あっ!」って何かを訴えてました(笑)今でもテレビに動物が映ったり、ペットショップを見つけたりすると大興奮です。

 

そう、動物園に行って思ったことは、動物を見ながらコミュニケーション取る事が娘の成長に繋がったかなと。

もちろん言葉の発達に関してもそうですが、精神的な面で、娘の成長が垣間見れた気がします。それ以来、犬の散歩とかですれ違う時も、犬に興味津々。触れ合おうとします。

 

動物見ながら「かわいいねー」とか「毛が長いねー」とか「くまさんだねー」「お猿さんだねー」「ウサギさんだねー」とか。娘も楽しんでくれてる雰囲気が伝わってきました。

 

絵本はかなり重要

あとは絵本。やはり絵本はかなり重要と感じました。

最初こそ読むのさえ大変だった(読んでも聞いてくれなかった)けど、最近は絵本で笑ってくれるようになりました!本当に進歩しました(笑)

 

興味を持ってくれやすいなって感じた絵本は動物系!の絵本。(男の子だったら乗り物系とかも良いかも。)

あとは普段の生活でよく出てくる単語や物事が物語になっている絵本です。

って言っても分かりにくいと思うので……実際に娘の食いつきが良い絵本を紹介します。

 

動物・普段の生活を題材にしている絵本

いただきまあす

くまさんが出てきます。ごはんを食べるまでの物語なんですが、娘が大笑いしてみてくれるようになりました。

普段の生活でイメージもつきやすいし、くまさんがとてもかわいく描かれています。

いただきまあす (くまくんの絵本) [ 渡辺茂男 ]

価格:972円
(2019/6/5 15:11時点)
感想(4件)

いないいないばあ

これは有名ですよね。動物もたくさん出てくるし、ほとんどの赤ちゃんが大好きないないいないばあが題材なので、いわずもがなおすすめです^^

今ではページをめくる際一緒に「ばあ!」って言って楽しんでます。

いないいないばあ改版 (松谷みよ子あかちゃんの本) [ 松谷みよ子 ]

価格:756円
(2019/6/5 15:12時点)
感想(758件)

きんぎょがにげた

文章も短くて、1歳児には分かりやすい。絵もカラフルで、子どもの興味をひきやすい絵本。

絵の中から一緒にきんぎょを見つけたり、絵本を読みながらコミュニケーションも取りやすいです。

きんぎょがにげた (福音館の幼児絵本) [ 五味太郎 ]

価格:972円
(2019/6/5 15:14時点)
感想(1486件)

どうぶつのおかあさん

くるくりは「おかあさん」の部分を「ママ」にして読んでます。リアルな動物の絵なので、少し怖いかなーと思いきや、やはり動物が可愛いみたい。

どうぶつのおかあさん (福音館の幼児絵本) [ 小森厚 ]

価格:972円
(2019/6/5 15:15時点)
感想(18件)

 

特に絵本に興味がない子向け

絵本に全く興味がなくて、全然見てもくれない!って子に絵本のとっかかりとして読んであげるのにおすすめな絵本。

 

もこもこもこ

娘も最初は全然聞いてくれなくて困ったけど、この本に出会ってからちゃんと聞いてくれるようになりました。1歳児の最初の絵本として、ほんとおすすめ。

効果音オンリーの絵本なんだけど、絵と効果音がばっちり合っていて、絵本の世界に引き込まれます。

最初読んだ時のくるくりの感想は、「へーすごい!おもしろーw」です(笑)

もこもこもこ (みるみる絵本) [ 谷川俊太郎 ]

価格:1,404円
(2019/6/5 15:17時点)
感想(672件)

だるまさんシリーズ

絵本を読みながらコミュニケーションがとりやすい。「ギュッ」」のところで実際に「ギュッ」ってしたり。体の部位も指してみたり。

バナナとかイチゴとかも出てくるので、馴染みやすい。

娘もこのだるまさんシリーズは、絵本嫌いな頃でも黙って聞いてくれてました。

だるまさんシリーズ が の と 3巻セット

価格:2,754円
(2019/6/5 15:19時点)
感想(14件)

 

テレビは見せ方次第!?


続いてはよく言われるこの問題について。

テレビはコミュニケーションを取れるものではなく、ただ一方通行に語りかけてくるだけ、見せるのは極力控えた方が良いとよく言われます。くるくりの家では一日2時間ほどはテレビがついている状態です。

確かに見せすぎは良くないですが、見せ方を考えれば多少見せてもいいのかなと思ってます。

 

見せ方とは、「一緒に語りかけながら見る」ことです。

特に教育テレビは娘が好きなので毎日見せていますが、一緒に踊ったり笑ったり、「ワンワンだね!」とか「踊り上手だね」とかバイバイしたり……とか。

そうすることによって、今はテレビも一つのコミュニケーションツールになっています。

 

あとは……たまには息抜きも必要です^^;くるくりのワガママですが、1日のうち少しの時間は大人の好きなテレビをつけてます。

 

 

キャラクターの力は偉大


娘が発する言葉の中に、キャラクター名があります。「アンパンマン」と「ワンワン」です。

やはりキャラクターの力は偉大(笑)あとミッキーも大好きで、この3つを買い物中に発見したりすると絶対に指さしして教えてくれます。

 

確かに、アンパンマンのパッケージの飲み物や食べ物を欲しがるという難点もありますが^^;娘の嬉しそうな顔を見ると、ついつい買ってしまいますねー^^;

 

やはりキャラクターの力は偉大で、これも娘の言葉を促す要因の一つになったのではと思っています。

 

 

まとめ


1歳4ヶ月のころは全く言葉がなく焦りましたが、やはり言葉には個人差があります。

くるくりと同じく悩んでいるママがいるとしたら、そんなに悩まないで欲しい、そしてできるだけ「コミュニケーションを取る」ってことを努力してもらいたいです。

 

先月から色々と対策してきましたが、やはり「絵本を読む」、「話しかける」、「話を聞く(喃語で何言ってるか分からないけど)」、といった「コミュニケーション」を取ることによって、そこからさらに喃語が増え、それが徐々に言葉につながりました。

 

先日、娘の予防接種で病院に行きましたが、そこで看護師さんに「よくしゃべりますねー(喃語)。これはパパとママがよくお話しをして、ちゃんと娘さんの話しを聞いてあげてる証拠なんですよ~。」って言ってくださいました。

地味に嬉しかった

 

確かにコミュニケーションを取るって事を努力するようになってから、娘がすごーく変わった気がします。

なんだか、生き生きと宇宙語をしゃべっているように聞こえるんです。

 

今もまだ言える単語も完璧ではないし、親しか聞き取れないものも多数あります。

引き続き単語が増えるように、そして二語文が話せるように、コミュニケーションを取ることを大事にしていきたいと思ってます。

 

来月はついに1歳半健診。そこでのお話しもブログにかけたらなと思ってます^^

 

では、最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

 

ポチっとしてくれたらうれしいです^^

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

 

 

もし興味のある方はこちらの関連記事もおすすめです。

赤ちゃんの積み木を使った知育 積み木の効果的な遊び方